出群 Deans Dean's French Onion Dip oz 8 646円 Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz スイーツ・お菓子 スナック菓子 その他 出群 Deans Dean's French Onion Dip oz 8 646円,スイーツ・お菓子 , スナック菓子 , その他,Dean's,,/pointel186422.html,Onion,Dip,,Deans,oz,8,French,netlogic-center.com 646円,スイーツ・お菓子 , スナック菓子 , その他,Dean's,,/pointel186422.html,Onion,Dip,,Deans,oz,8,French,netlogic-center.com 646円 Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz スイーツ・お菓子 スナック菓子 その他

出群 Deans Dean's French Onion 驚きの価格が実現 Dip oz 8

Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz

646円

Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz



*** We ship internationally, so do not use a package forwarding service. We cannot ship to a package forwarding company address because of the Japanese customs regulation. If it is shipped and customs office does not let the package go, we do not make a refund.

***
ワックスボトルキャンディ類の購入をご希望の方は必ずお読みください:ワックスキャンディ類の中身が割れてベトベト・ぐちゃぐちゃになってしまう場合が多発しています。交換返品に関わる国際送料の負担で販売中断を考えていましたが、中身が割れても購入をご希望のお客様もいらっしゃいますので、販売は一旦続きますが、交換・返品はお受けできませんので予めご了承願います。
***


■ 名称
Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz
■ 内容量 商品名に記載
■ 原材料 別途ラベルに記載(英文)
■ 賞味期限 別途ラベルに記載(月/日/年順番)
■ 保存方法 高温多湿の場所を避けて保存してください。
■ 発送元 アメリカ
■ 原産国名 商品表面に記載
■ 輸入者 UNI International Inc.
30 Leuning st, South Hackensack NJ USA
+1 2016033663
■ 広告文責 UNI International Inc.
30 Leuning st, South Hackensack NJ USA
+1 2016033663

【注意事項】
*** 特に注意してください。 ***
・個人ではない法人・団体名義での購入はできません。この場合税関で滅却されてもお客様負担になりますので御了承願います。
・お名前にカタカナが入っている場合法人である可能性が高いため当店システムから自動保留します。カタカナで記載が必要な場合はカタカナ変わりローマ字で記載してください。
お名前またはご住所が法人・団体名義(XX株式会社等)、商店名などを含めている場合、または電話番号が個人のものではない場合、税関から法人名義でみなされますのでご注意ください。
・転送サービス会社(tenso.com等)への発送もできません。この場合税関で滅却されてもお客様負担になりますので御了承願います。
***
・当店でご購入された商品は、原則として、「個人輸入」としての取り扱いになり、すべてニュージャージからお客様のもとへ直送されます。
・ご注文後、30営業日以内(通常3~7日)に配送手続きをいたします。配送作業完了後、1週間程度でのお届けとなります。
・まれに商品入荷状況や国際情勢、運送、通関事情により、お届けが2ヶ月までかかる場合がありますのでお急ぎの場合は注文をお控えください。

・個人輸入される商品は、すべてご注文者自身の「個人使用・個人消費」が前提となりますので、ご注文された商品を第三者へ譲渡・転売することは法律で禁止されております。
・関税・消費税が課税される場合があります。詳細をご確認下さい。

・食品の場合、パッケージのアップデートが頻繁であり、商品写真と実際のパッケージが異なる場合があります。パッケージ外観の違いの理由では、返品・交換が不可能ですので、予めご了承ください。
・アメリカの場合、Best By日付はExpiry Date(賞味期限)とは異なり、Best By日付以降も安全に摂取ができます。
・電気製品購入時の注意点:1)アメリカと日本の電圧差で電力消費が高い加熱機器類は変圧器が必要な場合があります。変圧器の購入は別途費用が掛かります。日本の電圧がもう低いのでそのまま使用しても発熱の危険はありませんが加熱に時間がもう少しかかる可能性があります。2)受領後30日以内の初期不良は返金または交換で対応します。その後の修理は原則的に対応が出来かねますが保証期間以内なら海外メーカーへの交渉は代行致します。(送料などの実費は別途請求)3)本商品はアメリカ内需用です。日本でのワランティーなどはできない可能性があります。また、他の日本製品と互換ができない恐れがあります。
・当店では、ご注文から30分以上過ぎた場合、原則的にお客様都合によるキャンセルは承っておりません。



Deans Dean's, French Onion Dip, 8 oz

株式ランキング

現在値 前日比 値上率 予想株価
1 292.0 +59.0 +25.32% 278
2 1,532.0 +300.0 +24.35% 1,133
3 2,044.0 +359.0 +21.30% 1,466
現在値 前日比 値下率 予想株価
1 3,050.0 -565.0 -15.63% ---
2 2,302.0 -398.0 -14.75% 2,737
3 1,469.0 -221.0 -13.08% 1,443
現在値 前日比率 配当利回 予想株価
1 964.0 +0.10% 31.12% 562
2 8,890.0 +1.13% 12.89% 10,147
3 262.0 +1.15% 11.45% 443

マーケットニュース

ヘッドライン

  • 今日 16:59
     週明け23日の東京株式市場は、日経平均株価が前営業日比480円高の2万7494円と3日ぶりに急反発。全体相場が調整色を強め、週末にダメ押し的な下げがあった週はその翌週明けに急反騰に転じるケースが結構な頻度で出てくる。日経平均が下げる理由には事欠かないが、実際は急落した日に絶対的な下げの理由があったかといえば、後日振り返ってそうでもなかったと感じることも少なくない。今回もそのケースだ。先物を導線に無人の高速エレベーターが上下する。とりわけ市場参加者が限定され流動性が低下した夏枯れ相場では、アルゴリズム主導で頻繁に起こりやすくなる。  前週は「トヨタショック」が槍玉に挙げられていたが、きょうは何が変わったのか明確な答えはない。市場では、トヨタショックは通期の生産台数見通しを下方修正していないにも関わらず思惑先行で売られ過ぎたからその反動で買われたとするが、「思惑先行で売られ過ぎた」というのはきょうの同社株のパフォーマンスを見たからいえる理屈である。また、横浜市長選で菅氏が支援する候補が大敗を喫したから、目先悪材料出尽くしで買われたというような曖昧な理由も後講釈の域を出ていない。横浜市長選の結果は株価が急落した場合でも理由として十分過ぎるくらい使える。結局、今の相場は“やじろべえ”のように奇妙なバランスで揺れているが、今のところ指から滑り落ちることはない。日経平均は大きく下押せばリバウンドに転じるし、急騰すればその反動が早晩訪れるというボックス圏での推移と割り切って考えておくよりない。波動は違っても個別株も同様の理屈である。  ただ、今回の横浜市長選は新たな潮の流れを発生させた。立憲民主党が擁立した山中氏が大勝、菅首相が全面支援した小此木氏が敗北を喫したことは、今後の政局不安の火種となるというよりも菅首相の無投票再選のシナリオを消し、9月の総裁選実施をほぼ確実にしたということが実はプラス面として大きいという見方もある。9月17日公示、29日投開票の線が濃厚となっているが、いずれにしても“次の首相”が誰になるかにマーケットの関心が向くなか、自民党にすればうまく立ち回れれば、総選挙で勝てないまでも大負けを回避できるという思惑がある。  高市早苗氏か下村博文氏か岸田文雄氏か。「麻生、安倍の両派閥が推しやすいという点では高市氏が有利にも見えるが麻生・二階氏は安泰で傀儡政権のイメージが強い。国民目線で失点の少ない岸田氏が有力に見える。また、菅氏本人も続投に意欲をみせているという声も聞かれるなか、今のところ選挙がどういうシナリオで走るのか読み切れない」(準大手証券ストラテジスト)という。  また、今週はパウエルFRB議長の講演に世界の耳目が集まる。26~28日の日程で行われる予定だったジャクソンホール会議は、コロナ禍でオンライン開催となり、日程も27日の1日間に短縮された。だから注目度が低まったということではないが、パウエルFRB議長の講演はこのタイミングで敢えてテーパリングの開始時期についての言及は避ける公算が大きいという見方も強まっている。9月のFOMCでもテーパリング開始を宣言するには至らず、「デルタ株の影響で超金融相場の賞味期限という点では従来よりも伸びたという印象がある」(前出のストラテジスト)とする。  個別株もきょうは全面高に買われたが、そのなか再び海運株への物色人気が目を引いた。前週後半にわずか3営業日で1000円以上も下落した日本郵船だったが、PER2倍台で9%の配当利回りというのは、バリュエーションで考えれば見送る理由がない。23年3月期がどうなるかは分からないが、今はまだそこを気にする段階ではない。押し目買い対象として、大手海運株は今後も常に目を配っておきたい。  中小型株では人工知能(AI)やデジタルトランスフォーメーション(DX)などの銘柄が値ごろ感から仕切り直す動きが目立ってきた。TDCソフト、アイエックス・ナレッジ、NECネッツエスアイなどのシステムインテグレーターのほか、AI関連のシンボルストックであるブレインパッドが動意含みだ。  あすのスケジュールでは、東京パラリンピック開催(~9月5日)、7月の全国スーパー売上高など。なお、ジャスダック市場にタンゴヤが新規上場する。海外では、7月の米新築住宅販売件数など。(銀) 出所:MINKABU PRESS ...続きを読む

株価指数・通貨

期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

日経平均

15:15
買い 売り
27,494.24
+480.99(+1.78%)
109.94
+0.21(+0.19%)

マーケットカレンダー

08/22  〜 08/28

22
23
24
25
26
27
28

初心者おすすめ記事